今回は、高温用潤滑油についてお話したいと思います。

高温用潤滑油とは、特殊潤滑油の中の1種です。

しかし、特殊潤滑油と言っても、なかなか馴染みの無い言葉だと思いますので、まず初めに、特殊潤滑油について簡単にまとめます。

 

1.特殊潤滑油とは

合成潤滑油や特殊添加剤などで構成されており、温度が低い場合や高い場合、また、高荷重や高速など、いわゆる普通の潤滑油では対応出来ないようなシーンで使用される潤滑油のことを、佐藤特殊製油株式会社では、特殊潤滑油と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.特殊潤滑油の種類

では、具体的にはどのように使われているのでしょうか?

 私達の身近な例では、電車のレールに使われるレール油、ロープウェイやリフトなどに使われる索道油(さくどうゆ)、ラベル包装などの機械に使われる高温潤滑油などがあります。

 

 

 

 

 

 

特殊潤滑油の主な種類

・高温用潤滑油

・架空索道用潤滑油

・車両軌条用油

・繊維産業用潤滑油

・電気接点用油

・特殊用潤滑油

 

今回は、特殊潤滑油の説明はここまで。

用途など詳細は弊社ホームページの製品情報をご覧ください♪

 

さて、早速、高温用潤滑油のお話に入りたいと思います。

.高温用潤滑油とは

読んで字のごとく、高温用の潤滑油なんです。

これが一番、シンプルでわかりやすい説明ですね。

では、もう少し詳しく・・・。

 

【高温用潤滑油の特徴】

特殊酸化防止剤の配合により、高温下でも油の性質を保つ能力が優れており、また、高温になっても蒸発量が少ないため、潤滑油の消費量も少ないです。

また、当社の基油は生分解性が優れているため、環境汚染せず、残留物が少ないのが主な特徴です。

※生分解性(せいぶんかいせい):物質が微生物によって分解される性質であること。

 

 

 

 

 

 

 

 

【主な使用例】

シュリンク包装機のチェーン部やスライド部

染色工場のヒートセッターのチェーン部、走行レール部

リフロー炉のチェーン部 など

高温用潤滑油をご紹介するにあたり、今回は、特にシュリンク包装にスポットをあててご紹介したいと思います。

シュリンク包装を行う際は、必ず高温用潤滑油を使用すると言っても過言ではありません。

ですので、シュリンク包装と高温用潤滑油は切っても切れない縁なのです。

 

☆シュリンク包装の流れ☆

※ピロー包装

 

 

 

 

.高温用潤滑油の種類

高温用潤滑油にも、オイル・スプレー・グリースがあり、用途によって使い分けます。

高温性潤滑オイル・スプレー・グリースのそれぞれの特徴を下記に纏めました。

 

☆高温用潤滑オイル☆

【特徴】

・天然の油脂に類似し合成油が主成分

・人体に対して極めて安全

・生分解性が優れているため、環境を汚染しない

・残留物が少ない

・潤滑性に優れており、金属等の摩耗が少なく、消費電力が少なくなる

【使用例】

シュリンク機のチェーン部

海苔の乾燥機のチェーン部

ピザの加工機のチェーン部

 

※シュリンク機のチェーンにオイルを差している画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※チェーン部にオイルを差すイメージ

 

 

☆高温度潤滑スプレー☆

【特徴】

・機械の摩耗を防止し、残留物の発生を抑制

・蒸発量が少なく一回の補給で長期間メンテナスが要らない

【使用例】

シュリンク包装機のチェーン部・スライド部

海苔の乾燥機のチェーン部

 

 

 

 

 

 

 

チェーンにスプレーしているイメージ

 

☆高温グリース☆

【特徴】

・熱や酸化に対し、優れた耐久性を示します。

・熱で溶けた素材の付着を防ぐ

【使用例】

ヒートシール機の刃

※シール機


 

 

 

 

※シール機のカッター部にグリースを塗るイメージ

 

 

 

ヴァーデン販売では、お客様のご希望に沿った高温用潤滑油をご提供しています。

是非、お問合せください。

 

 

カタログダウンロードはこちらから ↓↓↓

サンプルご希望等も承ります。ぜひお問合せください ↓↓↓

https://www.ipros.jp/product/detail/122070003

 

環境対策用油